NEW! 2019年8月10日(土) 20:00〜 Open Study/Meeting : 写真論のメタ=クリティーク vol.3@3rddg※参加無料

index

#04/2019.08.10
写真論のメタ=クリティーク vol.3


#03/2019.6.28
【緊急ディスカッション】
香港 CALLING――香港民衆行動と
アート・ストライキへの応答


#02/2019.05.24
写真論のメタ=クリティーク vol.2


#01/2019.04.13
写真論のメタ=クリティーク vol.1

聞いた話によると、写真って孤独な作業だそうです。(写真っていうか作家作業?)

 

私は写真行為の中で、孤独を感じた事ってありませんでした。

それよりも、好きな男性と一緒にいるのに未来が見えない時とか、みんな楽しそうなのになんか浮いちゃってる時とか、心の場所を見失っている時に孤独を強く感じます。

 

7月に人生初の撮影旅行のため韓国に行きました。

撮影旅行なんだから、そりゃ本数増えるでしょ!気合いがちゃいますわ!!みんな!私、写真家になってきます!!!!

ついでに美味しいものたくさん食べよっと♪

ってハイテンションで韓国の地に降り立ったのですが……。

 

んー。いつもと撮るテンション変わらないなあ。なんでやー。韓国まで来たんやぞー。

しかも、何食べても美味しく感じひん!おかしい!!!悲しい!!

と、増えないフィルムを何度も数えては、落胆していました。

そんな話をとある写真家さんにしていると、それを孤独っていうんですよ。

と言われ目から涙がぽろぽろ出てきました。

 

え?!あれが孤独なんすか?ええ!?

そうか、あれが孤独なのか。

孤独って結構苦しいかもなあ…。

(林、初めて写真行為での孤独を認識する瞬間です。)

 

写真のおもしろい所って「何か」が写っている予感がするネガを発見した瞬間、孤独とか苦しみとか、そんな事忘れちゃって、早くプリントして見てみたい。自分を越えた写真が撮れてるかな?と、ドキドキ、ワクワクが止まりません。

 

と、思うと、たいして孤独ちゃうやん!ってなります。

孤独や苦しみもその一部と思うと、全然いけるっしょ!!って。

 

なんて呑気な事言ってるけど、まじで、まじで、ま!じ!で!写真が撮れなくなってきたら、こんな呑気な事言えないんだろうなあ。

「孤独」ってのがやってくるんだろうなあ。

それ、めっちゃ怖いなあ。

 

それでも歩くんだろうけど。

 

ってOMSと全然関係ない事書いちゃった気がするけど、今文章にしたい事ってこれだったのでお許しください。みんな来てね〜!

 

 


編集長:林朋奈

Copyright(c) 2009 third district gallery All Right Reserved