2019.11.12 - 11.24
林朋奈 Hayashi tomona

自由な体

35mm カラー 11×14in. 28枚
はやしともな・略歴 >>


 

私は、今まで自分が撮ったモノに対して何故そこに視線を向けてしまうのだろう。と深く考える事をしてきませんでした。
ハッとなったから撮っただけ。そんな感覚的な事を言葉に出来るわけないやん。と思っていたし、自分の写真を見ても自分が何をやりたいのかいまいち分かりませんでした。しかし、今回撮れた写真を見ていると体躯、皮膚感、光に露骨に反応していて、さすがの私も自然と何故自分がそこに視線を向けているのかを考えるようになりました。

お恥ずかしい話なのですが、私の左腕には無数の切り傷があります。10代、思春期を大爆発させていた頃に自らつけた傷です。初めて切った日の事なんて覚えていませんが、気がつくと私は毎日腕を切るようなっていました。
あの頃は、自分が生きて存在している事が気持ち悪くて仕方ないし、家では親が下世話な喧嘩しているし、学校ではヤンキーギャルにビンタされるし(ヤンキーギャル……)どこにいても何をしていても、心と体が解離しているような現在地不明なような状態でした。
けれどリストカットをしている時だけは、心が安らぎ、自分の存在を実感し、こんな私でも生きていていいんだ。と自分を許す事が出来ました。

そんな傷だらけの左腕だからか、15年以上経った今でも電車に乗る時や仕事中など公共の場ではとっさに腕を隠してしまいます。
自意識過剰かもしれませんが、突然傷だらけの腕が目に飛び込んできたら嫌な気分になる人もいるだろうし、あの人病んでる。と思われるのも悲しいし、何より自分自身が「恥ずかしい左腕」だと、そう思っているのだと思います。

人の視線って案外単純なもので、靴が欲しいと靴に目が行くし、今日のメイクいまいちやわ。と思うと他人のメイクに目が行くし、日々感じて意識している事がダイレクトに視線へと繋がっていると思います。
シャッターのきっかけは、日々の意識の積み重ねの一瞬なのかもしれません。

私の視線には個人的なコンプレックスや、罪悪感が常に含まれています。
その視線の先に光が刺した時、私はもうどうしようもないぐらい写真を撮ってしまいます。
そしてその視線が写真として成立した時、今の自分が過去の自分に手を差し伸べているような、救われたような、そんな気持ちになります。
リストカットをしていた10代。
過ぎ去った過去のように思える出来事ですが、今の私も過去の私も同じ場所に立って日々を送っているようです。

最後に腕を切ったのはいつだったっけなあ。
初めて切った日の事を覚えていないように、最後に切った日の事も覚えていません。
いまだに心がざわめいた日は無性に腕を切りたくなりますが、もうそんな体力ないし、またハマるのイヤだし、寝れば元気だし、写真も家族もあるし。

今の私がそんな風に思えていれば、同じ場所に立ち腕を切っている過去の自分も少しは気が楽になるはず。そんな事を思いながらカメラ片手に日々シャッターを押しているのです。

林朋奈

 

「原美樹子さんをお招きして
    ギャラリートークを開催します by 林朋奈」

終了しました。
ご参加くださった方、 ありがとうございました!


ご縁を繋いでいただいて、
原美樹子さんとギャラリートークを開催する運びとなりました。和気あいあいとした場になればいいなあ。と思っています。お気軽にご参加ください(持ち込み大歓迎です!林、最近得意なだし巻き卵作ってきます!!)。

開催日:2019年11月22日(金) 19:00〜

参加費:無料 定員20名(要予約)メールにて受付中
         info@3rddg.com

会 場:サードディストリクトギャラリー
    東京都新宿区新宿3-8-9 新宿Qビル4F

2019.12.10 - 12.22
宮沢豪
「影を撮む」


2019.11.26 - 12.8
牟田義仁
「.images」

2019.11.12 - 11.24
林朋奈
「自由な体」

2019.10.29 - 11.10
國領翔太
「群-むら- 其の一」

2019.10.15 - 10.27
星玄人
「St.photo exhibition 32 西成」


2019.10.1 - 10.13
牟田義仁
「下田路 其の二」

2019.9.17 - 9.29
服部成児
「東京」


2019.9.3 - 9.15
佐東怜
「不在証明」

2019.8.20 - 9.1
安掛正仁
「朧眼風土記 -草宿の国-

2019.7.30 - 8.11
前田昌樹
「打敷」


2019.7.16 - 7.28
島根径
「DULL COLOR」

2019.7.2 - 7.14
新山発現
「DRAFT」

2019.6.18 - 6.30
牟田義仁
「事物の事日記」


2019.6.4 - 6.16
柴田裕哉
「冬の蝉」


2019.5.21 - 6.2
マヌエル・ファン・ダイク
「破片の多世界/Splitterwelten」


2019.5.7 - 5.19
安掛正仁
「うみやまのあひだ
朧眼風土記 -貝楼の国-


2019.4.23 - 5.5
星玄人
「St.photo exhibition 31 東京」


2019.4.9 - 4.21
林朋奈
「二つの光」

2019.3.26 - 4.7
上瀧由布子
「糸遊」


2019.3.12 - 3.24
宮沢豪
「影を撮む」


2019.2.26 - 3.10
前田昌樹
「打敷」


2019.2.12 - 2.24
阿部真士
「CAIRO」


2019.1.29 - 2.10
島根径
「20180831-0901_Taipei」


2019.1.15 - 1.27
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.12.11 - 12.23
明石瞳
「流れ者図鑑」


2018.11.27 - 12.9
安掛正仁
「朧眼風土記 -さなぎごもりの国-


2018.11.13 - 11.25
星玄人
「St.photo exhibition 30 横浜」


2018.10.30 - 11.11
マヌエル・ファン・ダイク
「FULL CYCLE」


2018.10.16 - 10.28
牟田義仁
「下田路 其の一」


2018.10.2 - 10.14
盛田哲生
「Clip Out」

2018.9.18 - 9.30
阿部真士
「新宿」

2018.9.4 - 9.16
林朋奈
「自由な体」


2018.8.21 - 9.2
星玄人
「St.photo exhibition 29 東京」


2018.7.31 - 8.12
島根径
「DULL COLOR」


2018.7.17 - 7.29
牟田義仁
「事物の事日記」

2018.7.3 - 7.15
安掛正仁
「朧眼風土記 -山鯨ノ国-」


2018.6.19 - 7.1
新山発現
「incident」

2018.6.5 - 6.17
マヌエル・ファン・ダイク
「BOID」

2018.5.22 - 6.3
盛田哲生
「Clip Out」


2018.5.8 - 5.20
牟田義仁
「in jeju-do」


2018.4.24 - 5.6
阿部真士
「新宿」

2018.4.10 - 4.22
林朋奈
「自由な体」

2018.3.27 - 4.8
星玄人
「St.photo exhibition 28 横浜」


2018.3.13 - 3.25
島根径
「20170919-21_Bangkok」


2018.2.27 - 3.11
マヌエル・ファン・ダイク
「おぼろげな小道で
Auf Bleichem Pfad」

2018.2.13 - 2.25
盛田哲生
「Clip Out」


2018.1.30 - 2.11
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.1.165 - 1.28
安掛正仁
「朧眼風土記」

2017.12.12 - 12.24
阿部真士
「新宿2017」


2017.11.28 - 12.10
星玄人
「WHISTLE/口笛」

2017.11.14 - 11.26
林朋奈
「燃えない写真」

2017.10.31 - 11.12
國領翔太
「匿名の町」


2017.10.17 - 10.29
マヌエル・ファン・ダイク
「NOT NOW」


2017.10.3 - 10.15
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.9.19 - 10.1
牟田義仁
「東京八景 〜再考〜」


2017.9.5 - 9.17
島根径
「20170619-20_Shanghai」


2017.8.22 - 9.3
サードディストリクトギャラリー
「新しい壁 2」

2017.7.25 - 8.6
安掛正仁
「かごめかごめ -朧暦-」

2017.7.11 - 7.23
星玄人
「St.photo exhibition 27 東京」


2017.6.27 - 7.9
新山発現
「bloomy」


2017.06.13 - 06.25
盛田哲生
「Clip Out」


2017.5.30 - 6.11
牟田義仁
「あるいくつかの涸れない井戸」


2017.5.16 - 5.28
林朋奈
「かかとの砂」

2017.5.2 - 5.14
阿部真士
「新宿2014 - 16」


2017.4.18 - 4.30
島根径
「DULL COLOR」

2017.4.4 - 4.16
マヌエル・ファン・ダイク
「FRACTAL」


2017.3.21 - 4.2
安掛正仁
「かごめかごめ -朝不見の里-」


2017.3.7 - 3.19
星玄人
「St.photo exhibition 26 東京」


2017.2.21 - 3.5
盛田哲生
「Clip Out」


2017.2.7 - 2.19
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.1.24 - 2.5
那須悠介
「事象の地平面」

2017.1.10 - 1.22
関薫
「白い息」


2016.12.13 - 12.25
阿部真士
「新宿」


2016.11.29 - 12.11
那須悠介
「緑の火 → 2016」


2016.11.15 - 11.27
島根径
「DULL COLOR」


2016.11.1 - 11.13
林朋奈
「かかとの砂」


2016.10.18 - 10.30
マヌエル・ファン・ダイク
「Broken Half」


2016.10.4 - 10.16
牟田義仁
「眠レ巴里」

2016.9.20 - 10.2
安掛正仁
「かごめかごめ」


2016.9.6 - 9.18
星玄人
「St.photo exhibition 25 横浜」


2016.8.23 - 9.4
阿部真士
「東京」


2016.8.2 - 8.14
星玄人
「St.photo exhibition 24 横浜」


2016.7.19 - 7.31
那須悠介
「緑の火」

2016.7.5 - 7.17
新山発現
「loose joint」


2016.6.21 - 7.3
牟田義仁
「事物の事日記」

2016.5.31 - 6.12
松本孝一
「北安曇」

2016.5.17 - 5.29
関薫
「線の記」


2016.5.3 - 5.15
石垣裕
「131415/The Range of Demands」


2016.4.19 - 5.1
盛田哲生
「Clip Out」

2016.4.5 - 4.17
阿部真士
「新宿」


2016.3.22 - 4.3
林朋奈
「かかとの砂」


2016.3.8 - 3.20
星玄人
「St.photo exhibition 23」


2016.2.23 - 3.6
安掛正仁
「蛞蝓草紙 -曵き売りの唄-」

2016.2.9 - 2.21
那須悠介
「緑の火」


2016.1.26 - 2.7
関薫
「線の記」


2016.1.12 - 1.24
牟田義仁
「事物の事日記」



past!
2015年の展示へ >>
2014年の展示へ >>
2013年の展示へ >>
2012年の展示へ >>
2011年の展示へ >>
2010年の展示へ >>
2009年の展示へ >>

ガレリアQ
1996 - 2008年の展示へ >>

(まだまだ未完です...)
Copyright(c) 2009 third district gallery All Right Reserved