2020.3.10 - 3.22
マヌエル・ファン・ダイク Manuel van Dyck

NODE

35mm モノクロ 11×14in. 28枚
マヌエル・ファン・ダイク・略歴 >>


 

シャッターが閉じる。一瞬は取り戻すことのできない過去となる -- すでに私たちの手から滑り落ちてしまった。写真は私たちの記憶が繋ぎ止められた場所を象徴する。死んでいるのに生きているように見える表現 -- ピンで留められた蝶、ほこりっぽい展示ケースの中でかすかに光るその羽。カメラの暗闇の中に埋葬される。

それは言葉のない記録 -- 言葉は必要ない。1枚の絵をほんの一瞬見た途端、観客と写真家は一つになる。当然ながら、この心の結合は不完全なものだ。観察者はその写真を取り巻く状況について洞察を持たない。それ故に、自分の一連の経験だけを使って理解しなければならない。しかし -- その過程で、見知らぬ2人の間の空間にただ存在しているだけの世界が垣間見えるかもしれない。理解不能であると同時に本能的に共感できるメッセージを受け取る。

この世界、この薄く切り取られた一片、このメッセージ -- テクノロジーを拒絶し、「いいね」も「シェア」もできないもの -- それは意のままに思い出すことのできる体験ではない。一つひとつ鑑賞を続けるうちに反響はどんどん弱まり、ついには薄暗く輝く光の糸となって私たちの記憶の変わりゆく布地へと織り込まれて行く

マヌエル・ファン・ダイク

The shutter closes. A moment becomes an irretrievable past -- has already slid from our grasp. The picture represents the point upon which our recall is anchored; a dead but seemingly alive representation -- a pinned butterfly, its wings glimmering faintly within the dusty showcase. Entombed within the darkness of the camera.

It is a record without words -- it does not need words. Upon viewing a picture, for a brief moment, audience and photographer become one. Naturally, this joining of minds is an incomplete one. The observer lacks insight into the circumstances surrounding the picture and thus has to understand it utilizing his set of experiences alone. But -- in the process he may glimpse upon a world that only exists in the void between two strangers; receives a message that is simultaneously incomprehensible and yet intuitively understood.

This world, this thin slice, this message -- defies technology, can not be "liked" or "shared" -- is not an experience that can be recalled at will. For each successive viewing will render the echo fainter and fainter until it finally is a dimly glimmering thread woven into the changing fabric of our memory.

Manuel van Dyck

2020.3.24 - 4.5
牟田義仁
「事物の事日記 Last date」


2020.3.10 - 3.22
マヌエル・ファン・ダイク
「NODE」

2020.2.25 - 3.8
柴田裕哉
「 Y / Y 」


2020.2.11 - 2.23
牟田義仁
「事物の事日記」


2020.1.28 - 2.9
島根径
「20191007-1010_Delhi」


2020.1.14 - 1.26
前田昌樹
「打敷」


2019.12.10 - 12.22
宮沢豪
「影を撮む」


2019.11.26 - 12.8
牟田義仁
「.images」

2019.11.12 - 11.24
林朋奈
「自由な体」

2019.10.29 - 11.10
國領翔太
「群-むら- 其の一」

2019.10.15 - 10.27
星玄人
「St.photo exhibition 32 西成」


2019.10.1 - 10.13
牟田義仁
「下田路 其の二」

2019.9.17 - 9.29
服部成児
「東京」


2019.9.3 - 9.15
佐東怜
「不在証明」

2019.8.20 - 9.1
安掛正仁
「朧眼風土記 -草宿の国-

2019.7.30 - 8.11
前田昌樹
「打敷」


2019.7.16 - 7.28
島根径
「DULL COLOR」

2019.7.2 - 7.14
新山発現
「DRAFT」

2019.6.18 - 6.30
牟田義仁
「事物の事日記」


2019.6.4 - 6.16
柴田裕哉
「冬の蝉」


2019.5.21 - 6.2
マヌエル・ファン・ダイク
「破片の多世界/Splitterwelten」


2019.5.7 - 5.19
安掛正仁
「うみやまのあひだ
朧眼風土記 -貝楼の国-


2019.4.23 - 5.5
星玄人
「St.photo exhibition 31 東京」


2019.4.9 - 4.21
林朋奈
「二つの光」

2019.3.26 - 4.7
上瀧由布子
「糸遊」


2019.3.12 - 3.24
宮沢豪
「影を撮む」


2019.2.26 - 3.10
前田昌樹
「打敷」


2019.2.12 - 2.24
阿部真士
「CAIRO」


2019.1.29 - 2.10
島根径
「20180831-0901_Taipei」


2019.1.15 - 1.27
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.12.11 - 12.23
明石瞳
「流れ者図鑑」


2018.11.27 - 12.9
安掛正仁
「朧眼風土記 -さなぎごもりの国-


2018.11.13 - 11.25
星玄人
「St.photo exhibition 30 横浜」


2018.10.30 - 11.11
マヌエル・ファン・ダイク
「FULL CYCLE」


2018.10.16 - 10.28
牟田義仁
「下田路 其の一」


2018.10.2 - 10.14
盛田哲生
「Clip Out」

2018.9.18 - 9.30
阿部真士
「新宿」

2018.9.4 - 9.16
林朋奈
「自由な体」


2018.8.21 - 9.2
星玄人
「St.photo exhibition 29 東京」


2018.7.31 - 8.12
島根径
「DULL COLOR」


2018.7.17 - 7.29
牟田義仁
「事物の事日記」

2018.7.3 - 7.15
安掛正仁
「朧眼風土記 -山鯨ノ国-」


2018.6.19 - 7.1
新山発現
「incident」

2018.6.5 - 6.17
マヌエル・ファン・ダイク
「BOID」

2018.5.22 - 6.3
盛田哲生
「Clip Out」


2018.5.8 - 5.20
牟田義仁
「in jeju-do」


2018.4.24 - 5.6
阿部真士
「新宿」

2018.4.10 - 4.22
林朋奈
「自由な体」

2018.3.27 - 4.8
星玄人
「St.photo exhibition 28 横浜」


2018.3.13 - 3.25
島根径
「20170919-21_Bangkok」


2018.2.27 - 3.11
マヌエル・ファン・ダイク
「おぼろげな小道で
Auf Bleichem Pfad」

2018.2.13 - 2.25
盛田哲生
「Clip Out」


2018.1.30 - 2.11
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.1.165 - 1.28
安掛正仁
「朧眼風土記」

2017.12.12 - 12.24
阿部真士
「新宿2017」


2017.11.28 - 12.10
星玄人
「WHISTLE/口笛」

2017.11.14 - 11.26
林朋奈
「燃えない写真」

2017.10.31 - 11.12
國領翔太
「匿名の町」


2017.10.17 - 10.29
マヌエル・ファン・ダイク
「NOT NOW」


2017.10.3 - 10.15
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.9.19 - 10.1
牟田義仁
「東京八景 〜再考〜」


2017.9.5 - 9.17
島根径
「20170619-20_Shanghai」


2017.8.22 - 9.3
サードディストリクトギャラリー
「新しい壁 2」

2017.7.25 - 8.6
安掛正仁
「かごめかごめ -朧暦-」

2017.7.11 - 7.23
星玄人
「St.photo exhibition 27 東京」


2017.6.27 - 7.9
新山発現
「bloomy」


2017.06.13 - 06.25
盛田哲生
「Clip Out」


2017.5.30 - 6.11
牟田義仁
「あるいくつかの涸れない井戸」


2017.5.16 - 5.28
林朋奈
「かかとの砂」

2017.5.2 - 5.14
阿部真士
「新宿2014 - 16」


2017.4.18 - 4.30
島根径
「DULL COLOR」

2017.4.4 - 4.16
マヌエル・ファン・ダイク
「FRACTAL」


2017.3.21 - 4.2
安掛正仁
「かごめかごめ -朝不見の里-」


2017.3.7 - 3.19
星玄人
「St.photo exhibition 26 東京」


2017.2.21 - 3.5
盛田哲生
「Clip Out」


2017.2.7 - 2.19
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.1.24 - 2.5
那須悠介
「事象の地平面」

2017.1.10 - 1.22
関薫
「白い息」


2016.12.13 - 12.25
阿部真士
「新宿」


2016.11.29 - 12.11
那須悠介
「緑の火 → 2016」


2016.11.15 - 11.27
島根径
「DULL COLOR」


2016.11.1 - 11.13
林朋奈
「かかとの砂」


2016.10.18 - 10.30
マヌエル・ファン・ダイク
「Broken Half」


2016.10.4 - 10.16
牟田義仁
「眠レ巴里」

2016.9.20 - 10.2
安掛正仁
「かごめかごめ」


2016.9.6 - 9.18
星玄人
「St.photo exhibition 25 横浜」


2016.8.23 - 9.4
阿部真士
「東京」


2016.8.2 - 8.14
星玄人
「St.photo exhibition 24 横浜」


2016.7.19 - 7.31
那須悠介
「緑の火」

2016.7.5 - 7.17
新山発現
「loose joint」


2016.6.21 - 7.3
牟田義仁
「事物の事日記」

2016.5.31 - 6.12
松本孝一
「北安曇」

2016.5.17 - 5.29
関薫
「線の記」


2016.5.3 - 5.15
石垣裕
「131415/The Range of Demands」


2016.4.19 - 5.1
盛田哲生
「Clip Out」

2016.4.5 - 4.17
阿部真士
「新宿」


2016.3.22 - 4.3
林朋奈
「かかとの砂」


2016.3.8 - 3.20
星玄人
「St.photo exhibition 23」


2016.2.23 - 3.6
安掛正仁
「蛞蝓草紙 -曵き売りの唄-」

2016.2.9 - 2.21
那須悠介
「緑の火」


2016.1.26 - 2.7
関薫
「線の記」


2016.1.12 - 1.24
牟田義仁
「事物の事日記」



past!
2015年の展示へ >>
2014年の展示へ >>
2013年の展示へ >>
2012年の展示へ >>
2011年の展示へ >>
2010年の展示へ >>
2009年の展示へ >>

ガレリアQ
1996 - 2008年の展示へ >>

(まだまだ未完です...)
Copyright(c) 2009 third district gallery All Right Reserved