2021.2.16 - 2.28
柴田裕哉 Shibata yuya

REACHING FOR HEAVEN

APS-C digital
カラーインクジェットプリント A3ノビ 252枚
しばたゆうや >>


 

「感覚」とは言い訳に過ぎないのであろうか?
言葉や文字を的確に用いるということは物事の状況を断定し、個人の思考や思想を他人に論理的に確実に伝えることが出来る。それは人間が社会で生きていく上で必要不可欠なもので、その人の価値を計る一つの物差しのである。相手に伝わらないと意味がない。
とある友人に、「感覚性」が高いからといって、「論理性」が乏しくていい理由にはならない。と言われたことがある。
確かにその通りだと思った。だけど写真を撮っている自分の中で矛盾が生じているのは否めない。
例えば絵画や映画などは0からいろいろな要素を構築し、それを混ぜ合わせて制作している。その「前提」にはほぼ確実に製作者の意図が絡んでくるはずだ。偶然性が存在するとしてもそれはほんのわずかな要素でしかない。
一方で写真は、目の前にある物事を記録しているに過ぎない。
意識、無意識に関わらず、ただの枯れた花や汚れた壁が写真に収まることで急に何らかの意味を持ち始めるし、例えば電車の駅のホームで一枚、写真を撮る。でもたったそれだけの行為で意図しない膨大な情報が一枚の写真に組み込まれる。そのほとんど「前提」のない写真も何らかの意味を持ちうる。写真を撮る行為に意識が潜在するが、フレーム収まったものには意識と無意識が混在するという矛盾が生じる。その無意識さを言語化する行為にはどんな意味があるのだろうか。

「文化の最も有害な作用は語彙を作ることである。」 
ジャン・デュビュッフェ『文化は人を窒息させる』

この言葉は人間の規律でもある言葉による伝達を真っ向から否定しているように感じる。確かに美術館やギャラリーに作品を見に行き、見る側に作品を押し付けてくるような説明を見ることが多々ある。もちろん、その作品への理解を深めようとする時に説明は欠かせないし、補助的な面もある。ただ、説明が過ぎると、本来、自由であるはずの表現が固着してしまい、意味の氾濫を必要以上に食い止めるだけになってしまう。本当は言葉を使わずに自分の中に渦巻いている感情を写真にぶつけてしまいたい。でもそれがひどく難しくなかなか思うような形になってくれない。だから言葉を使わなければならない。自分の写真を見ていてとにかく苦しい。音だけでぶつかり合うジャズのように写真だけでぶつけたい。

『この心の叫びをまえにして、理性は無力なのだ。こうした欲求に刺激されて覚醒した精神は探求を開始する。が、見出されるのは矛盾と背理的な論証、ただそれだけなのだ。ぼくに理解できぬものとは条理を欠いたものだ。世界は、こうした理性では説明のつかぬものにみちみちている。ぼくには世界の唯一絶対の意味は理解できない。それだけで、世界はひとつの非合理的なものにすぎない。せめて一度でも「これは明らかだ」と言えれば、いっさいは救われよう。しかし以上に述べた人々は、なにものも明らかではない、いっさいは混沌だ、だから人間はただその明瞭な視力を保持し、自分をとりまく壁を明確に認識するしかないと、競いあって宣言するのである。』「シーシュポスの神話」アルベール・カミュ

写真の場合、感覚と論理の矛盾が成立するのではないかと思う。
ぼくは自分の写真を説明する術をまだ持たない。
写真が僕の思う表現だとするならばそれに対する言葉はほとんど力を持たないと思う。
それは言い訳に過ぎないかもしれない。自分の無力さを認めるのであれば、それは言い訳と認めざるを得ない。
ただ、僕が言葉を勝ち得たとき、それは写真を撮ることを辞める時かもしれない。

 

柴田裕哉

2021.3.2 - 3.14
林朋奈
「フラグメントライト」


2021.2.16 - 2.28
柴田裕哉
「REACHING FOR HEAVEN 」


2021.1.19 - 1.31
星玄人
「東京」


2020.12.8 - 12.20
星玄人
「St.photo exhibition 34 横浜」


2020.11.24 - 12.6
前田昌樹
「打敷」

2020.11.10 - 11.22
牟田義仁
「onbeat!3」


2020.10.27 - 11.8
島根径
「DULL COLOR」


2020.10.13 - 10.25
牟田義仁
「onbeat!2」


2020.9.29 - 10.11
柴田裕哉
「 Y / Y 」


2020.9.15 - 9.27
星玄人
「横浜」


2020.9.1 - 9.13
宮沢豪
「影を撮む 見ること、しないこと、呪術について


2020.8.18 - 8.30
林朋奈
「フラグメントライト」

2020.7.28 - 8.9
前田昌樹
「打敷」


2020.7.14 - 7.26
島根径
「DULL COLOR」

2020.6.30 - 7.12
新山発現
「formula」


2020.6.16 - 6.28
牟田義仁
「#01.images+onbeat!」

2020.6.2 - 6.14
星玄人
「St.photo exhibition 33 東京」


2020.3.24 - 4.5
牟田義仁
「事物の事日記 Last date」


2020.3.10 - 3.22
マヌエル・ファン・ダイク
「NODE」

2020.2.25 - 3.8
柴田裕哉
「 Y / Y 」


2020.2.11 - 2.23
牟田義仁
「事物の事日記」


2020.1.28 - 2.9
島根径
「20191007-1010_Delhi」


2020.1.14 - 1.26
前田昌樹
「打敷」


2019.12.10 - 12.22
宮沢豪
「影を撮む」


2019.11.26 - 12.8
牟田義仁
「.images」

2019.11.12 - 11.24
林朋奈
「自由な体」

2019.10.29 - 11.10
國領翔太
「群-むら- 其の一」

2019.10.15 - 10.27
星玄人
「St.photo exhibition 32 西成」


2019.10.1 - 10.13
牟田義仁
「下田路 其の二」

2019.9.17 - 9.29
服部成児
「東京」


2019.9.3 - 9.15
佐東怜
「不在証明」

2019.8.20 - 9.1
安掛正仁
「朧眼風土記 -草宿の国-

2019.7.30 - 8.11
前田昌樹
「打敷」


2019.7.16 - 7.28
島根径
「DULL COLOR」

2019.7.2 - 7.14
新山発現
「DRAFT」

2019.6.18 - 6.30
牟田義仁
「事物の事日記」


2019.6.4 - 6.16
柴田裕哉
「冬の蝉」


2019.5.21 - 6.2
マヌエル・ファン・ダイク
「破片の多世界/Splitterwelten」


2019.5.7 - 5.19
安掛正仁
「うみやまのあひだ
朧眼風土記 -貝楼の国-


2019.4.23 - 5.5
星玄人
「St.photo exhibition 31 東京」


2019.4.9 - 4.21
林朋奈
「二つの光」

2019.3.26 - 4.7
上瀧由布子
「糸遊」


2019.3.12 - 3.24
宮沢豪
「影を撮む」


2019.2.26 - 3.10
前田昌樹
「打敷」


2019.2.12 - 2.24
阿部真士
「CAIRO」


2019.1.29 - 2.10
島根径
「20180831-0901_Taipei」


2019.1.15 - 1.27
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.12.11 - 12.23
明石瞳
「流れ者図鑑」


2018.11.27 - 12.9
安掛正仁
「朧眼風土記 -さなぎごもりの国-


2018.11.13 - 11.25
星玄人
「St.photo exhibition 30 横浜」


2018.10.30 - 11.11
マヌエル・ファン・ダイク
「FULL CYCLE」


2018.10.16 - 10.28
牟田義仁
「下田路 其の一」


2018.10.2 - 10.14
盛田哲生
「Clip Out」

2018.9.18 - 9.30
阿部真士
「新宿」

2018.9.4 - 9.16
林朋奈
「自由な体」


2018.8.21 - 9.2
星玄人
「St.photo exhibition 29 東京」


2018.7.31 - 8.12
島根径
「DULL COLOR」


2018.7.17 - 7.29
牟田義仁
「事物の事日記」

2018.7.3 - 7.15
安掛正仁
「朧眼風土記 -山鯨ノ国-」


2018.6.19 - 7.1
新山発現
「incident」

2018.6.5 - 6.17
マヌエル・ファン・ダイク
「BOID」

2018.5.22 - 6.3
盛田哲生
「Clip Out」


2018.5.8 - 5.20
牟田義仁
「in jeju-do」


2018.4.24 - 5.6
阿部真士
「新宿」

2018.4.10 - 4.22
林朋奈
「自由な体」

2018.3.27 - 4.8
星玄人
「St.photo exhibition 28 横浜」


2018.3.13 - 3.25
島根径
「20170919-21_Bangkok」


2018.2.27 - 3.11
マヌエル・ファン・ダイク
「おぼろげな小道で
Auf Bleichem Pfad」

2018.2.13 - 2.25
盛田哲生
「Clip Out」


2018.1.30 - 2.11
牟田義仁
「事物の事日記」


2018.1.165 - 1.28
安掛正仁
「朧眼風土記」

2017.12.12 - 12.24
阿部真士
「新宿2017」


2017.11.28 - 12.10
星玄人
「WHISTLE/口笛」

2017.11.14 - 11.26
林朋奈
「燃えない写真」

2017.10.31 - 11.12
國領翔太
「匿名の町」


2017.10.17 - 10.29
マヌエル・ファン・ダイク
「NOT NOW」


2017.10.3 - 10.15
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.9.19 - 10.1
牟田義仁
「東京八景 〜再考〜」


2017.9.5 - 9.17
島根径
「20170619-20_Shanghai」


2017.8.22 - 9.3
サードディストリクトギャラリー
「新しい壁 2」

2017.7.25 - 8.6
安掛正仁
「かごめかごめ -朧暦-」

2017.7.11 - 7.23
星玄人
「St.photo exhibition 27 東京」


2017.6.27 - 7.9
新山発現
「bloomy」


2017.06.13 - 06.25
盛田哲生
「Clip Out」


2017.5.30 - 6.11
牟田義仁
「あるいくつかの涸れない井戸」


2017.5.16 - 5.28
林朋奈
「かかとの砂」

2017.5.2 - 5.14
阿部真士
「新宿2014 - 16」


2017.4.18 - 4.30
島根径
「DULL COLOR」

2017.4.4 - 4.16
マヌエル・ファン・ダイク
「FRACTAL」


2017.3.21 - 4.2
安掛正仁
「かごめかごめ -朝不見の里-」


2017.3.7 - 3.19
星玄人
「St.photo exhibition 26 東京」


2017.2.21 - 3.5
盛田哲生
「Clip Out」


2017.2.7 - 2.19
牟田義仁
「事物の事日記」

2017.1.24 - 2.5
那須悠介
「事象の地平面」

2017.1.10 - 1.22
関薫
「白い息」


2016.12.13 - 12.25
阿部真士
「新宿」


2016.11.29 - 12.11
那須悠介
「緑の火 → 2016」


2016.11.15 - 11.27
島根径
「DULL COLOR」


2016.11.1 - 11.13
林朋奈
「かかとの砂」


2016.10.18 - 10.30
マヌエル・ファン・ダイク
「Broken Half」


2016.10.4 - 10.16
牟田義仁
「眠レ巴里」

2016.9.20 - 10.2
安掛正仁
「かごめかごめ」


2016.9.6 - 9.18
星玄人
「St.photo exhibition 25 横浜」


2016.8.23 - 9.4
阿部真士
「東京」


2016.8.2 - 8.14
星玄人
「St.photo exhibition 24 横浜」


2016.7.19 - 7.31
那須悠介
「緑の火」

2016.7.5 - 7.17
新山発現
「loose joint」


2016.6.21 - 7.3
牟田義仁
「事物の事日記」

2016.5.31 - 6.12
松本孝一
「北安曇」

2016.5.17 - 5.29
関薫
「線の記」


2016.5.3 - 5.15
石垣裕
「131415/The Range of Demands」


2016.4.19 - 5.1
盛田哲生
「Clip Out」

2016.4.5 - 4.17
阿部真士
「新宿」


2016.3.22 - 4.3
林朋奈
「かかとの砂」


2016.3.8 - 3.20
星玄人
「St.photo exhibition 23」


2016.2.23 - 3.6
安掛正仁
「蛞蝓草紙 -曵き売りの唄-」

2016.2.9 - 2.21
那須悠介
「緑の火」


2016.1.26 - 2.7
関薫
「線の記」


2016.1.12 - 1.24
牟田義仁
「事物の事日記」



past!
2015年の展示へ >>
2014年の展示へ >>
2013年の展示へ >>
2012年の展示へ >>
2011年の展示へ >>
2010年の展示へ >>
2009年の展示へ >>

ガレリアQ
1996 - 2008年の展示へ >>

(まだまだ未完です...)
Copyright(c) 2009 third district gallery All Right Reserved